FC2ブログ

タニグチブログ

スズキジムニーのチューニングを中心に、関連情報をアップしています。

LEDフォグバルブEX-Ray&ガラストップレンズ発売!

視認性重視!
広角照射のLEDフォグバルブとランプユニットを発売しました。
まずは
LEDフォグバルブ10
商品名: LEDフォグバルブ「EX-Ray」ホワイト H8/H11
適合型式: JB23-5型以降
定価: 30,000円+税
LED素子を3面に配置。それぞれに設置角度を付ける事でリフレクターを最大限利用し路面照度を上げ、左右方向へのワイドな照射で運転者から見て明るい配光を実現したフォグ専用バルブ。
ホワイト6000k 2600ルーメン(1灯あたり) 路面照度2000ルクス以上 ※イエローは開発中
純正H8バルブは400ルーメン程度です。
(ルーメンは、光源が発する光の出力量。ルクスは光に照らされた面の明るさの単位)

一般的なLEDフォグバルブはLED素子「2枚」がほとんどです。しかし、ハロゲン球の360°発光に対して、LEDは指向性のある発光で100~120°のため、ハロゲン球と同じ光点に配置したとしても十分とは言えません。
「EX-Ray」はLED素子を3枚使用し、フォグランプとしての照射に適した配列、設置角度を設定。リフレクターを積極的に利用し照射させています。運転者から見た照射面積が左右広角になり、人や障害物をいち早く視認できます。ヘッドライトが照らさない部位をワイドに明るく照らすことで、雨・霧・雪の状況下はもとより、右左折やコーナリング時の安全性向上につながります。
配線上に設置される電源ドライバーは、高負荷による発熱・焼損を防ぐため3枚のLED素子に対し3個搭載(1つのケース内)し、1素子1電源としています。
LED固定ベースはアルミ削り出しフィン形状を成型。後部ヒートシンクだけではなくレンズユニット内でも放熱を促進し、灯具レンズの表面温度を適度に上げる事に成功。降雪時の雪の貼り付きを抑制します。

続いて
ガラストップ10
商品名: ガラストップレンズフォグランプユニット H11
適合型式: JB23-5型以降
定価: 6,000円/個+税
透過効率の高いガラスレンズを採用、
オフロード走行時の飛び石等による傷も付きにくく、劣化しにくい。光軸調整付き。
純正ユニットが1個10,800円なので、価格メリット

今回発売の2点同時交換することで
純正プラスチック製ハロゲンランプUNITから
広角大光量ガラストップレンズLEDフォグランプUNITへ!
スポンサーサイト
  1. 2016/05/24(火) 19:04:23|
  2. 新製品情報